浮気の証拠が慰謝料請求に有利

旦那の浮気相手に慰謝料を請求したい場合、それほど難しいことはありません。
法律でしっかりと慰謝料を請求する権利があり、そういった事例も多いことから、請求自体は簡単に行なうことができます。
弁護士に頼んで、請求の方法を教えてもらい、応じない場合は裁判を行なって請求します。

 

日本法規情報

 

注意点としては、しっかりと浮気していたという証拠をつかんでおく点です。
浮気相手が認めたといっても、慰謝料の話が出た途端に否定しだすケースもあります。
しっかりと証拠を固めておくと、浮気相手への慰謝料請求もスムーズに運んでくれます。
浮気の証拠というのは、基本的に写真や映像などの確実に浮気していることがわかる証拠となります。
いい訳ができないほど確かな証拠をそろえておけば、相手も慰謝料の支払いに応じることが多いです。
いい訳できる程度の証拠しかない場合には、慰謝料の話を出す前に、証拠集めを行っておいた方が無難です。
話し合いの際に録音や録画しておくようにしたり、旦那の携帯を預かり、メールの文面を消されないようにするなどの対策があります。

 

その他、色々な対策方法があるので、探偵事務所などで相談してみるのも一つの方法です。
事前に探偵事務所に相談しておけば、明確な証拠があるので、裁判でなく示談で済む確率も上がります。
このように、旦那の浮気相手に慰謝料を請求したい場合には、焦らず、裁判まで視野に入れて相手がいい訳できない状況をあらかじめ作っておくことが重要だと言えます。

 

 

すでに証拠をつかんでいる方は離婚のプロに相談しましょう

 

慰謝料請求、親権問題など無料で相談

↓↓↓

 

 

まだ浮気の証拠をつかんでいない方はこちら