子供に会わせてあげるのも大事

家具など生活品が無くなって広くなった部屋

慰謝料と養育費を確実にもらうコツとは、相手側に非があるということを客観的に立証することが大事です。
特に、慰謝料に関しては、相手側が自分にどれだけ迷惑をかけたかを立証しないといけません。
具体的に、浮気している証拠や、DVを行なっている証拠などをしっかりと確保しておくことが、慰謝料を確実にもらうコツだと言えます。
養育費に関しても、相手が納得して離婚に応じることが重要となります。

 

円満な離婚でない場合、養育費を受け取れなかったり、相手が支払わないなどのケースもよくあります。
しっかりと相手に非を認めさせて、納得した上で離婚させることが重要だと言えます。
浮気が原因の離婚の場合、しっかりと探偵事務所などに依頼して、いいわけができない状況で離婚協議を始めると、確実に養育費ももらうことができます。
100%相手が悪いことなので、相手も納得して支払うしかないと言えるでしょう。

 

また、離婚した後も、子供と親という関係は継続します。
養育費を払ってくれた場合、時々子供と会わせてあげるなどの配慮も必要です。
どういった条件なら、子供と会うことができるかなども、細かく決定しておくと養育費を確実に支払ってくれることが多いです。
やはり、親は子供がかわいいものなので、子供に会いたいという気持ちは強いです。
養育費を払わなければ、子供に会えないとなると、しっかりと養育費を支払ってくれる親が多いと言えます。
協議離婚の際には、口約束だけでは反故にされる可能性があるので、しっかりと協議離婚書などを作って文章で保存しておくことも重要です。

 

離婚のプロに無料で相談してみたい方は日本法規情報の離婚サポートがおすすめです。