離婚をするために必要なこと

離婚を決意してスッキリした女性の顔写真

離婚をするために必要な手続きは、意外とシンプルです。
離婚届に両者が必要事項を記入し、住んでいる役場へ届けるだけで離婚が成立します。
ただし、その離婚届を両者が納得する形で記入するまでの道のりが険しいことがあります。

 

特に、旦那の浮気などでの離婚となると、慰謝料や養育費関連でもめることもあるので、難しいです。
できるだけ協議離婚と呼ばれる、話し合いでの離婚となるように、相手がいいわけできないような証拠を突きつけるなどの方法が必要となります。
それと、子供がいる場合には、なかなか手続きが簡単に行かないこともあります。
どちらが親権を握るかで、色々ともめることも多くなっています。
しっかりと育てられる母方が親権を握ることが多いですが、最近では父方が親権を握ることもあります。
子供の親権や、養育費の問題をしっかりと解決してから、離婚届にハンコを押すことが重要です。

 

さらに、ある程度財産がある場合には、財産分与の問題があります。
離婚を急ぐあまりに、財産のことを考えずに飛び出してしまう人もいますが、冷静になって財産分与を話し合った方が得です。

 

特に、持ち家がある場合には、その家をどうするかなどで色々と問題があります。
話し合いを行なって、どのような形で財産を分けるかなどを決定してから、離婚するのが一番得な離婚方法と言えるでしょう。

 

また、離婚協議の際に口約束だけで済まさないことも重要です。
離婚協議の際には、しっかりと慰謝料を支払うと約束していたのに、支払わないケースなどもあります。
離婚協議書を作成し、離婚する前に決定したことを守ってもらえるようにする必要があります。

 

→次の記事