自分自身もしっかりと

パソコンを操作する女性

離婚調停に勝つために良い弁護士を雇うという人もいますが、基本的に弁護士は法律的なこと以外はできません。
いくら腕の良い弁護士でも、浮気をしているという証拠がないと、離婚調停で勝つことは難しいといえます。
弁護士よりも、浮気をしているという証拠を集める方を優先させると、離婚調停に勝つことができます。

 

具体的には、離婚調停の際に物的証拠が重要視される傾向があります。
例えば、浮気相手との携帯メールでのやりとりなどは、浮気の証拠になります。
しっかりと消されてしまう前に携帯電話をあずかるなどの措置が必要だと言えます。
さらに、浮気相手とホテルに入る場面の画像などは、確実な証拠となってくれます。

 

探偵事務所に依頼すると、しっかりとそういった場面の写真や映像を撮影してくれます。
ホテルに入る場面以外にも、飲食店などで親密な雰囲気でいる二人の写真なども証拠の一つとして有用です。
基本的に離婚調停に勝つためには、相手が反論できないだけの証拠を揃えることが重要です。
相手側も慰謝料が払いたくなかったり、親権がほしいなど、様々な理由で必死にいいわけをするケースが多いです。
そのいいわけができないほどの証拠を揃えておくことが、離婚調停に勝つためには重要と言えるでしょう。

 

また、離婚調停の際には、自分の身辺もしっかりと守っておくことが重要です。
こちらが探偵を雇ったことを知った場合、相手方も探偵を雇って浮気していないか調査してくることがあります。
そういった時に、脇の甘いことをしていると、不利になってしまうこともあります。
ですから先ずは探偵事務所に相談することをおすすめします。

 

確実に証拠をつかんでくれる探偵事務所はこちら