離婚したらいくらぐらい貰えるの?

自宅リビングの画像

慰謝料の相場は、状況によって大きく違っています。
慰謝料の計算は、精神的にどのくらいの苦痛を受けたかや、結婚していた期間、相手側の経済状況などで総合的に判断します。

 

精神的な苦痛

浮気など相手に非がある場合には相場は高くなることが多いです。
DVなどの暴力行為があった時にも、慰謝料の請求額は高くなりがちです。
その精神的な苦痛を取り除く努力をしたかや、努力した結果どうなったかなども慰謝料の計算内容に入ってきます。
浮気の回数や、過去に浮気したことがあるかなど、様々な状況を考えて判断されます。

 

結婚していた期間

やはり長く婚姻生活を送っていると、それなりに色々と負担があったと考慮されるので、慰謝料の額は大きくなります。
さらに、相手側の経済状況で大きく慰謝料の額というのは違ってきます。
相手側がかなりのお金を持っている場合には、慰謝料の額も相当高くなることが多いです。
逆に、相手側に慰謝料を支払う能力がほとんどない場合には、慰謝料の額も現実的に払える範囲になってしまったりします。

 

また、夫婦双方に離婚の原因がある場合には、慰謝料は発生しないこともあります。
実際に相手側が浮気をしていたので、慰謝料を請求していたら、逆に自分の浮気もばれてしまい、慰謝料が取れなくなったケースもあります。
しっかりと自分の脇を固めてから、離婚に向けた証拠集めなどをする必要があります。

 

慰謝料の決定は、協議して行なうことが多いとされています。
協議して慰謝料を決める場合には、言った言わないにならないように、離婚協議書などにしっかりと記録を残しておくことが重要とされています。

 

離婚のプロに無料で相談してみたい方は日本法規情報の離婚サポートがおすすめです。