不貞行為とは

夜の繁華街

裁判で有効になる浮気不貞行為の証拠とは、基本的に肉体関係があったと第三者が見て十分疑われる証拠となります。
これは、法律上、不倫の定義が、肉体関係となっているからです。
離婚裁判や慰謝料の裁判においては、法律が全てだと言えます。
いくら自分の中では浮気だと思っていても、法律が裁判では適用されるので、法律にのっとった証拠を集める必要があります。

 

例えば、「愛してるよ」と浮気相手に送ったメールだけでは、証拠になりません。
第三者から見れば、冗談で送ったのか、肉体関係にまで発展していたかなどが分からないからです。
「またホテル行こう」などという、肉体関係を強く疑わせる文言が入ったメール文章であれば、しっかりとした証拠となります。
肉体関係があったかどうかが、重要な項目なので、しっかりとそういったことを想起させる証拠を集める必要があります。

 

携帯会社によっては、過去のメールのバックアップがとってあるので、そういったバックアップを入手しておくことも重要です。
探偵事務所に依頼した場合には、ホテルに入る場面と出る場面を撮影したものを用意してくれることが多いです。
ホテルにわざわざ二人で入るということは、十分に浮気の証拠となり、裁判で非常に有効となります。

 

探偵に頼んだ場合には、どのくらいホテルに入っていたかなどの詳細なレポートもつけてくれます。
そのレポートも裁判で有効に働き、相手方のいい訳が突き崩されるケースなども多いです。
決定的な証拠をつかみたい場合には、探偵事務所に依頼するのが有効だと言えるでしょう。

 

 

>>確実に証拠を掴んでくれる探偵事務所はこちら<<