尾行と撮影が基本

浮気対象者を車で尾行しているところ

探偵事務所の浮気調査方法は、基本的に尾行と撮影が多いです。
対象を尾行し、浮気の現場を抑え、浮気していると確信できるだけの証拠を収集します。さらに、その尾行の記録レポートを作成してくれる点が探偵の良いところです。
優秀な探偵は、しっかりと分単位でレポートを作成してくれ、信憑性が高くなります。裁判などにまでなった場合、そういったレポートや証拠は重要となってきます。
探偵事務所に頼んだ場合、ほぼ対象者にばれないという点も大きいです。
複数人で訓練された探偵が尾行を行なうので、素人に比べてばれる可能性は非常に低いと言えます。

 

 

例えば、高性能の望遠カメラを探偵事務所は持っています。
そういった高性能の望遠カメラを利用しないと、尾行対象に気づかれてしまうことが多いです。
対象者に近づかなくても、しっかりと尾行を行なうことができるように色々と準備している点が探偵の有利なところと言えるでしょう。

 

また、探偵の場合、探偵免許を所持しているという点が大きいです。
尾行や張り込みをしていると、警察から職務質問を受けることが多いとされています。
そういった時に、探偵であれば探偵の身分証明書を見せればすぐに開放してもらえます。

しかし、素人が張り込みや尾行を行なった場合には、そういった説明が下手だったりと、時間がかかってしまいます。
場合によっては、家族に連絡をいれられ、そこからばれてしまうこともあります。

 

それと、探偵は裏口などにも人員を配備してくれる調査方法をとるところが良い点です。
浮気をしている人物は、警戒心や後ろめたい気持ちがあるので、裏口や裏道などを使いがちです。
そういった時でも、複数人で尾行を行なっていれば、しっかりと浮気の現場まで尾行することが可能です。

 

 

>>複数人で尾行してくれる探偵事務所はこちら<<